column

湘南彫金工房
コラム

プラチナ900スーパーハード

プラチナコラム1

金属アレルギー対策とキズや変形が少ない高い硬度を実現したプラチナ900スーパーハード

 

結婚指輪や婚約指輪に使用する地金の種類でその色味と輝きが人気のプラチナですが、プラチナそのものはかなり柔らかい金属です。そのままでは結婚指輪や婚約指輪には向きません。プラチナの純度を上げれば価値が高くなりますが、柔らかく傷つきやすくなってしまいます。そのため、他の金属を混ぜて硬度を上げる必要があります。普通はパラジウムという金属を割り金として混ぜます。

当工房の結婚指輪手作りデザインワックスコースでお選びいただけるプラチナ900は割り金にパラジウムを使用したものとルテニウムを使用したもの2種類をお選びいただけます。
ルテニウムを割り金に使用したプラチナ900をプラチナ900スーパーハード言い、金属アレルギー対策とキズや変形の少ない高い硬度を実現しています。

 

金属アレルギー対策に向いているルテニウムの割り金を使用

 

プラチナ900や18金に対して金属アレルギー反応をお持ちのお客様はごく稀ですが、ほとんどの方は割り金に用いるパラジウムに金属アレルギー反応を起こしています。プラチナ900スーパーハードに使用しているルテニウムはイオン化傾向が低く、金属アレルギーを起こしにくい金属です。これによりアレルギーが心配なお客様も安心して結婚指輪や婚約指輪を着用していただけます。

 

ルテニウムを割り金に用いることで高い硬度を実現

 

硬さの指標となる尺度のひとつにビッカース硬度があります。
正四角錐のダイヤモンドを押し込み、どのくらいの力でどのくらい凹んだかを数値化します。この数字が高いほど、傷つきにくく歪みにくいということです。
自然界で最も硬いと言われるダイヤモンドのビッカース硬度はHv7000~15000です。
硬貨は1円玉Hv45。10円玉Hv130、100円玉Hv150~160。硬い金属のステンレスでHv210です。結婚指輪や婚約指輪に使われる普通のプラチナ900がHv80、ハードプラチナだとHv150です。
当工房のプラチナ900スーパーハードはHv200を実現し、鍛造製法で手作りした結婚指輪とほぼ同等の硬度となっています。
これによりキズが着きにくく、変形もしづらい理想的なプラチナの結婚指輪を手作りしていただくことが可能になりました。

鋳造製法でのコースにてお選びいただけます。

 

プラチナ900スーパーハードは非常に硬い地金のため、地金自体を曲げたり削ったりする鍛造製法でお客様に結婚指輪や婚約指輪を手作りしていただくのは困難です。
結婚指輪や婚約指輪の原型をお客様に手作りしていただき、その原型を鋳造する方法のコース(鋳造製法)での対応となります。

対応コース

結婚指輪手作りデザインワックスコース
結婚指輪婚約指輪手作り同時製作コース(鋳造製法での作成をお選び下さい)
婚約指輪手作りコース(鋳造製法での作成をお選び下さい)

プラチナ900スーパーハードをお選びいただいた場合は結婚指輪や婚約指輪の内側の品位表示はPt900SHと入ります。

金属アレルギーがご心配のお客様、鋳造の結婚指輪や婚約指輪が強度の面で心配なお客様もプラチナ900スーパーハードをお選びいただくことによりお二人だけのオリジナルな結婚指輪や婚約指輪を末永く着用していただけます。

プラチナコラム2

以下はルテニウムに関するいくつかの基本的な情報です

ルテニウム(Ruthenium)は、元素周期表で44番目に位置する化学元素であり、元素記号はRuです。ルテニウムは遷移金属元素の一つであり、プラチナグループに属しています。

物理的性質:
原子番号: 44
原子質量: 約101.07 原子単位
密度: 約12.41 グラム/立方センチメートル
融点: 約2,334度ケルビン(2,061度セルシウス)
沸点: 約4,027度ケルビン(3,754度セルシウス)

 

化学的性質

ルテニウムは化学的に安定しており、錆びにくい性質があります。これは、触媒として使用される理由の一部です。
耐食性があり、酸や塩基に対しても比較的安定しています。

 

用途

ルテニウムは主に触媒として使用されます。例えば、アンモニアの製造や石油精製などの反応での触媒として利用されます。
電子工学分野では、ルテニウムは記録メディアや集積回路の製造においても使用されることがあります。
一部の合金においては、硬度や耐食性の向上のためにルテニウムが添加されることがあります。

 

発見

ルテニウムは1844年にカール・クラウスによって発見されました。彼はウラジミール・ゴストィンによって分離されたプラチナ鉱石から新しい金属を抽出しました。
ルテニウムは比較的希少な元素であり、その主な産出源はプラチナ鉱石やニッケル鉱石などです。

ご来店予約
to top